田我流 窓際日誌

適当なブログです。

311

あの日から五年経ち昨日は一日色々な事を反芻していました。

14時46分、自分の町でも町内放送が鳴り響き、黙祷の言葉が響き渡りました。

地震が発生し、テレビから流れる映像を眺め、自分が生まれてから初めて、国家存亡の危機というものを認識したあの震災。そして大き過ぎる天災に、何も出来ない自分を思い知りました。

 

先日テレビで地震発生時からの東電のドキュメンタリーを見ました。東日本が壊滅するかもしれない間一髪のせめぎ合いを、改めて知りました。そして研究者や有識者の声を無視し続けていた東電の責任者、上層部に強い怒りを覚えました。

 

あれから五年経っても事態は一向に良くなりません。そして現政権は震災からの教訓を全く得ていないような状態です。

 

改めてこれから自分達がしなくてはいけない事、そして命の大切さを噛み締めました。より良い世界を作る事、そして亡くなった方の分も含めて命をまっとうする事、それが残された我々に突きつけられた課題なのではないでしょうか。

 

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

広告を非表示にする